ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  有害ミネラル

有害ミネラル

スポンサードリンク


 有害ミネラルとは、人間の体内で利用されないと考えられている重金属の総称です。この有害ミネラルは化学物質と結合すると、その毒性をさらに強くします。たとえば、自然界で硫黄と結合して存在している無機水銀も、化学物質と結合して有機水銀に変化すると、強い毒性を示します。


 有害ミネラルが人体に入り込む経路としては、食物を通してが主なものです。自然界で気化した有害ミネラルは雨に混じって土壌や海に到達し、その土壌で育てられた食物、海で獲れた魚介類に蓄積されてしまいます。こような食物を私たち人間が食べることによって、体内に蓄積していくのです。


 有害ミネラルとされている鉛や水銀などが、少量ずつ体内に入り込んでもすぐに中毒症状があらわれるわけではありません。極微量であれば、尿などに混ざって体外へ排出されます。しかし、栄養の偏りなどで体の解毒機能が弱まったり、重金属で汚染されている食物を摂り続けていると、徐々に体内に蓄積されていまいます。その結果、有害ミネラルによって他の栄養素の生理作用が妨害され、様々な体の不調や疾患症状としてあらわれてくるとされています。


人体に有害とされているミネラルを以下に示します。

ヒ素
  ■人体への影響
    疲労、皮膚の角質化、胃腸障害

  ■主な原因
    無機ヒ素を含んだ殺虫剤、除草剤


水銀(有機水銀)
  ■人体への影響
    言語障害、手足のしびれ、神経障害

  ■主な原因
    汚染された魚介類、農薬、化粧品、水銀アマルガム

カドミウム
  ■人体への影響
    脱毛、貧血、内臓障害、骨疾患

  ■主な原因
    喫煙、排気ガス


  ■人体への影響
    神経障害、貧血、骨や関節・筋肉の痛み、頭痛

  ■主な原因
    排気ガス、古い水道管、殺虫剤、化粧品、絵の具

タリウム
  ■人体への影響
    呼吸障害、知覚麻痺、運動障害、皮膚の炎症

  ■主な原因
    殺鼠剤

アルミニウム】※アルミニウムは重金属ではなく、軽金属に分類されます。
  ■人体への影響
    食欲不振、息切れ、痙攣、胃腸障害、精神障害
    アルツハイマー病

  ■主な原因
    アルミ鍋、アルミフォイル、胃腸薬、ふくらし粉、歯磨き粉

ニッケル
  ■人体への影響
    無気力、疲労、下痢、不眠、皮膚炎

  ■主な原因
    喫煙、マーガリン、メッキされた金属


 しかし、有害とされているものも含め、全てのミネラルがどのように人体の生理作用に働いているか、
完全に解明されているわけではありません。将来的に、上記の有害ミネラルについても、重要な生理作用に関わっていると報告される可能性はあります。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用