ビタミン・ミネラルの泉 Top >  こんな生活習慣には・・・ >  スポーツをする機会が多い

スポーツをする機会が多い

スポンサードリンク

◆スポーツに熱中している人に・・・ビタミンAビタミンB1ビタミンB2ビタミンCビタミンE
                      カルシウムマグネシウムナトリウムカリウム


   スポーツを通じてストレスを発散・解消したり、交友関係を深めたり、健康の維持や体力の増進を図ったり、日常の生活において運動する機会を設けることは、生活の質を向上させるうえにおいても非常に大切なことです。

   スポーツで体を動かすことにより、普段以上に活動量が増えることになりますので、それだけ栄養素の需要が高くなることに配慮しておく必要があります。

   糖質、タンパク質、脂質の3大栄養素を十分に摂取していても、ビタミンが不足していると体内での代謝がスムーズに行われないという状況が起こります。また、体の隅々にまで酸素を運んだり、筋肉を収縮・伸展させる際にはミネラルも不可欠となります。

   したがって、スポーツにおいては、十分な量のビタミンとミネラルを摂取しておくことが必須となるのです。

ビタミンB1
   体を動かすことによってエネルギーが消費されますが、そのエネルギー消費量の増大に比例して、ビタミンB1も消費されてしまいます。

   ご飯やパン、麺類などの食品に含まれている糖質がそのエネルギーのもとになります。糖質が体内の酵素によってブドウ糖に分解され、その後「ビタミンB1」に助けを借りてエネルギーに変換されるのです。

   したがって、ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖が完全にエネルギーへと代謝されず、乳酸になって筋肉などに蓄積してしまい、疲労という症状で体に現れてきます。

   以上のことから、日頃から不足することなくビタミンB1の摂取ができていれば、スポーツでの持久力もつき、体に残る疲労度も少いということになります。

   毎日のように激しいスポーツをする人は、一般の人の10倍近くもビタミンB1が必要といわれています。

ビタミンB2
   また、体を動かすときのエネルギー源として、糖質以外にも脂肪も消費されます(糖質は脂肪に比べて、すばやく使えるという特徴がある)。したがって、脂肪の代謝に関わる「ビタミンB2」も不足することのないよう十分に配慮しておく必要があるでしょう。

   次に、運動時のエネルギーを産生する際に不可欠なものとして「酸素」の存在も欠かすことができません。運動の強弱にもよりますが、普段の数倍以上の酸素が体内に取り込まれることになるわけですから、その分体内には活性酸素や過酸化脂質など体にとって有害な物質が生成されやすい状況にあるということも認識しておく必要があります。

ビタミンA、E、C
   上記の有害物質に対して有用な作用を持つ、「ビタミンA」、「ビタミンC」、そして「ビタミンE」を不足することなく体内に補填しておく必要があります。ビタミンEは運動後の過酸化脂質の増加を抑制する働きがありますし、ビタミンAビタミンCといった抗酸化ビタミンも運動によって激しく消費されてしまうからです。

   ただし、ビタミンAとビタミンEは脂溶性ビタミンという性質上、過剰症には特に気をつける必要があります。自分自身の食生活を再度振り返りつつ、それぞれの栄養素の摂取基準の上限を超えないよう、また極端に単独の栄養素を極端に多量に摂取することがないよう全体のバランスに配慮することが大切です。

カルシウム、鉄、マグネシウム、ナトリウム、カリウム
   一方、運動時に不可欠なミネラルに目を転じると、運動時の汗によって「カルシウム」、「」、「マグネシウム」、「ナトリウム」、「カリウム」が体内から損失されます。

   大量の汗によって上記のミネラルが体外に失われると、体内でのミネラルバランスが変化してしまいますので、運動前は勿論のことですが、発汗を伴う運動後にも失われた分を補填しておくことが大切です。

   カルシウムマグネシウムが不足・損失することよって、骨格が脆くなり、集中力の低下や足の痙攣がおきやすくなります。

   また、鉄はヘモグロビンの構成要素となるミネラルなので、不足すると体の隅々に酸素を運搬する能力が落ち、持久力の低下につながります。

   ナトリウムカリウムはそれぞれ細胞の外と内に存在しています。両者が細胞膜を通じて出入りすることで電気が発生し、神経の伝達が生じます。この現象は筋肉の収縮に関与しているため、両者のバランスが崩れると筋肉の痙攣などを引き起こし、スムースな筋肉運動ができなくなります。

         

こんな生活習慣には・・・

「こんな生活習慣には・・・」ということで、生活習慣別に必要とされるビタミン・ミネラルと、それらの効能についてまとめてみました。

参考にしていただけたら、幸いです。

関連エントリー

タバコを吸う(喫煙) お酒をよく飲む 外食の機会が多い スポーツをする機会が多い 仕事がハード