ビタミン・ミネラルの泉 Top >  こんな症状には・・・ >  風邪

風邪

スポンサードリンク


◆風邪気味の人に・・・ビタミンAビタミンCビタミンB1

  ”万病のもと”とも言われる風邪の原因は、大部分が「かぜウィルス」と呼ばれるウィルス群によるものとされています。

  「風邪」という病名はなく、ウィルス感染により上気道(鼻腔や咽頭等)が炎症を起こした状態のことを総称して「風邪」といいます。

  風邪にかかりやすい人とそうでない人がいますが、その差はウィルスに対する対抗力が弱いか強いか(免疫力があるかないか)ということです。殆どの場合、体力が落ちて免疫力が低下したところにウイルスが入り込むことによって炎症を引き起こし、風邪症状が現れてくるのです。

ビタミンA
  「ビタミンA」は皮膚・粘膜の保護する働きがあるため、風邪のウィルスの侵入口である鼻や気管支の粘膜を丈夫にし、ウィルスに冒されないよう作用します。したがって、ビタミンAは風邪の予防に重要な役割を担っていることになります。

ビタミンC
  ウィルスが体内に侵入してくると、これに対抗するためインターフェロンというタンパク質が細胞から分泌されます。「ビタミンC」にはこのインターフェロンの分泌を促進し、ウィルスの活性を抑える作用があります。また、ビタミンCには細胞と細胞をしっかり緻密に結びつける働きもあるため、体内にウィルスが侵入しにくくなるということもいわれています。以上のことから、風邪の予防やひきはじめにビタミンCが有効となります。

ビタミンB1
  また、風邪に対抗するには免疫力を高めていくことが必要ですから、風邪をひいたら、休養と睡眠をしっかりとり安静にすることは勿論のこと、栄養素に富んだ食事を摂り免疫力の向上に資するようにしなければなりません。風邪で熱発すると普段の数倍の「ビタミンB1」を消費するともいわれています。エネルギーに変換されやすい炭水化物(糖質)などを積極的に摂り、ビタミンB1の補給もそれに合わせて意識することが大切です。

         

こんな症状には・・・

「こんな症状には・・・」ということで、症状別に必要とされるビタミン・ミネラルと、それらの効能についてまとめてみました。

参考にしていただけたら、幸いです。

関連エントリー

味覚障害 骨粗鬆症 低血圧 高脂血症 生理痛 PMS 糖尿病 高血圧 筋肉痛 ストレス 冷え性 口内炎 便秘 貧血 疲れ目 風邪 腰痛