ビタミン・ミネラルの泉 Top >  こんな目的には・・・ >  お肌の健康(にきび)

お肌の健康(にきび)

スポンサードリンク

◆にきび・・・ビタミンB2ビタミンB6ビタミンE


   特に若い方のお肌の悩みといえば、「にきび」がその筆頭に挙げられるのではないでしょうか。多くの場合、思春期の象徴として周囲から扱われがちですが、場合によっては痛みを伴うものありますし、完治するまで日数を要しますので、外見を気にする若い人にとっては悩み深いものがあります。

   にきびの発症する原因は、適切でない肌の手入れ(洗顔の頻度や方法など)、睡眠不足や不規則や生活環境、様々なストレス、紫外線、偏った食生活など様々です。

   私たちの皮膚は毛穴の中の皮脂腺という場所から分泌された皮脂によって保護されています。しかし、上記のような様々な要因が重なり合い皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。そうなると、毛穴は皮脂で塞がれた状態になってしまい、この皮脂を好む「アクネ菌」と呼ばれる細菌が増殖して炎症を引き起こす・・・。これが、にきびができるまでの流れとなります。

ビタミンB2、B6】   
   にきびに有効な栄養素は、「ビタミンB2」と「ビタミンB6」です。まず、栄養素という観点から不足のない食生活となっているか見直してみてください。

   ビタミンB2は脂肪の代謝に関与しています。欠乏すると体内で脂肪の分解能が落ち、それが過剰な皮脂の分泌へと繋がっていきます。また、皮膚の新陳代謝を促す作用もありますので、古い角質層を取り除き毛穴の詰まりを解消するうえでも有効な働きをしています。

   ビタミンB6は脂肪の代謝に関係するだけでなく、タンパク質とアミノ酸の代謝に不可欠な働きをしており、皮膚など体の組織の形成・維持に欠かせない栄養素です。したがって、新陳代謝を維持・促進していくうえで、ビタミンB2とともに大切な役割を果たしています。

ビタミンE
   そして、さらに「ビタミンE」には抹消の血管での血流を改善することにより、細胞の新陳代謝を促進する働きがあります。古い皮膚細胞を新しいものに置き換えていくためには、是非不足することのないよう配慮したい栄養素です。

         

こんな目的には・・・

「こんな目的には・・・」ということで、目的別に必要とされるビタミン・ミネラルと、それらの効能についてまとめてみました。

参考にしていただけたら、幸いです。

関連エントリー

妊婦の方に、妊娠を計画している方に ダイエット 髪の健康(枝毛、パサつき、抜け毛) 髪の健康(白髪) お肌の健康(シミ、ソバカス) お肌の健康(肌荒れ、乾燥肌) お肌の健康(にきび) お肌の健康(美白) 爪の健康