ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  ミネラルの単位

ミネラルの単位

スポンサードリンク

ミネラルの単位は、ビタミンほど複雑(?)ではありません。
「mg(ミリグラム)」(1ミリグラムは1000分の1グラム)または「μg(マイクログラム)」(1マイクログラムは1000分の1ミリグラム)といった量(重さ)で表記されます。

人間の体は多くの元素で構成されています。それら元素から酸素、炭素、水素、窒素の4つを除き、さらに必須ミネラルだけを取り出して、多いものから順番に並べると以下のとおりとなります。

カルシウム>リン>カリウム>ナトリウム>塩素>マグネシウム>鉄>亜鉛>銅>・・・・(以降、省略します)

体内におけるミネラルの存在量は微々たるものであり、カルシウムとリンを除けば、その存在量の合計は600g程度だといわれています。

個々のミネラルの必要量は非常に僅かではありますが、人体ならびにその生理作用に与える影響は大きく、ミネラルが体内に無ければ私たちは存在すらできないのです。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用