ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  亜鉛と銅の拮抗作用

亜鉛と銅の拮抗作用

スポンサードリンク


  非常に多くの酵素の補酵素として、体内で重要な役割を果たしている亜鉛。この亜鉛も、過剰の摂取により思わぬマイナスの効果、つまり症状をもたらします。それがとの拮抗作用によるものです。


  亜鉛を過剰摂取することによる主な症状は、「ミネラルの欠乏症と過剰症」の項を参照いただくとして、イライラといった神経症状や貧血などは体内から銅が欠乏することにより起こってきます。


  亜鉛の過剰摂取は銅の腸管からの吸収を阻害するように作用することと、体内の銅を便と一緒に排泄させるという作用もしてしまうため、生体が銅欠乏状態に陥ってしまうのです。


  銅も体内の生理作用には欠かせないミネラルであり、脳内で神経を興奮させるノルアドレナリンという伝達物質の生産に関与していたり、鉄の吸収を促進するといった重要な働きをしています。これらの働きが銅が不足することで滞り、前述した症状が現れてきます。(亜鉛と銅の理想的な摂取比率については、「ミネラルバランスとは」の項を参照ください)

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用