ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  カルシウムと亜鉛の拮抗作用

カルシウムと亜鉛の拮抗作用

スポンサードリンク

  カルシウム亜鉛の拮抗作用は、カルシウムを多量に摂取したときに現れる現象です。


  カルシウムや過剰摂取した食物繊維、それにフィチン酸(ビタミン様物質のイノシトールとリン酸が結合した化合物で、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などとの結合力が強いく、吸収されにくいフィチン酸塩となる)などが腸内で亜鉛と結合し、その吸収が阻害されてしまうことにより起こります。なお、フィチン酸は玄米などの穀類や豆類に多く存在しています。


  健康で丈夫な骨の形成にカルシウムは不可欠な栄養素のひとつですが、だからといって過剰に摂取しすぎるのは問題です。亜鉛というミネラルは体内で非常に重要な生理作用に働くため、カルシウム過剰摂取による亜鉛不足は発育に影響を与えるなどのマイナス面を認識しておく必要があります。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用