ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  水銀と亜鉛の拮抗作用

水銀と亜鉛の拮抗作用

スポンサードリンク

  亜鉛はカドミウムや鉛などの有害金属を無毒化する作用を持っていますが、水銀に対しても同様に働きかけます。


  亜鉛が体内で必要十分な量を保持されている場合、有害な水銀に対して拮抗作用を示します。これは体内の亜鉛により、それが刺激となって肝臓や腎臓で「メタロチオネイン」というタンパク質が生成されることによります。このタンパク質は1分子中に多くの重金属イオンを結合できる性質を有しています。


  細胞内に入った亜鉛は、メタロチオネインを誘導するという役割を演じ、そこでこのタンパク質と結合します。一方、このタンパク質は亜鉛と比較して水銀との親和性が強いという性格を持つため、そこに水銀が現れるとそれまで結合していた亜鉛を離し、水銀と結合するようになります。水銀と結合することによって、自由になった亜鉛は再び生体内で有用な効果を発揮します。


  こうして毒性の強い水銀が補足されることによって、無毒化されていくのです。セレニウム(セレン)は直接的に水銀へ働きかけるのに対して、亜鉛は間接的にその役割を果たしています。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用