ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用

水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用

スポンサードリンク

 水俣病の原因物質として知られる水銀。水銀には無機水銀と有機水銀化合物とがあり、それぞれの毒性は異なります。人体への進入は、皮膚・消化管・大気からというように複数のルートがあります。殆どが食品を通して体内へ入ってきます。日本人の場合、大半が魚介類を通して体内へと摂取されているという報告があります。


  問題となるのは毒性の強い有機水銀(メチル水銀)で、過剰に摂取したり慢性的・長期的に蓄積されると運動機能障害や言語障害、手足の痺れなどの神経障害を引き起こします。しかし、たとえ微量であっても胎児の神経発達に与える影響も懸念されており、厚生労働省は妊娠中もしくはその可能性のある女性に対して、マグロなどの魚介類の摂取量や摂取回数を制限するように注意を喚起しています。


  セレニウム(セレン)は水銀に直接働きかけて、水銀の強い毒性を緩和する作用があります。これも拮抗作用によるものであり、セレニウムと水銀が結合して、体外への排泄を促したり、毒性の少ない安定したかたちで存在するようになるからとされています。


  なお、セレニウム自体にも毒性がありますので、セレニウム多く摂取すれば良いというものではありません。毒をもって毒を制するという考え方だといえるでしょう。水銀とセレニウムの体内保有比率が1;1の時に有効な無毒作用が発生するとも報告されています。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用