ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  鉛と亜鉛の拮抗作用

鉛と亜鉛の拮抗作用

スポンサードリンク

 鉛は神経に影響を及ぼす有害な金属といわれています。通常の摂取範囲内であれば、尿や汗などから一緒に体外へ排泄されるため、それほど心配することはありません。


 鉛の体内への主な侵入ルートとしては、大気中(呼吸を通して)からと飲料水からとが考えられますが、急性の毒性としては比較的弱い金属です。しかし、蓄積性があるため長期間摂取することが続けば中毒症状を起こします。消化管から吸収された鉛は赤血球と結合し、その後大部分は骨へ沈着されます。


  症状としては、貧血、神経疾患や脳疾患となって現れます。子供の場合は、精神発達遅滞として症状に現れるといわれています。


 このように毒性のある鉛ですが、亜鉛と鉛は拮抗の関係にありますので、亜鉛を摂取することでその悪影響を緩和することができると報告されています。 

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用