ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  カドミウムと亜鉛の拮抗作用

カドミウムと亜鉛の拮抗作用

スポンサードリンク

 毒性の強い金属元素であるカドミウム。富山県神通川流域で発生した”イタイイタイ病”を引き起こした元凶とされる金属がカドミウムです。イタイイタイ病の場合、鉱山などから排出される廃液にカドミウムが含まれ、それが周辺の農作物等を汚染したことが原因です。しかし、米などの穀物をはじめ、野菜、果実、肉、魚など多くの食品には元々ある程度含まれている金属です(日本産の米1kg中に含まれるカドミウム量は平均して「0.06mg」といわれています)。


 カドミウムは蓄積性があるため、長期間カドミウム濃度の高い食品を摂り続けていると有害な症状が現れてきます。日常の食事から摂取される量は0.007~3mgであり、3mg~330mgの摂取によって中毒症状を呈します。人体には平均50mgほどのカドミウムが存在しているといわれています(体重70kgの人の場合)。


 有害な症状としては、脱毛や貧血、食欲不振、関節の疼痛、腎臓の機能障害、そのことによる骨折や骨の変形(腎臓でのカルシウムの再吸収が阻害され、骨からカルシウムが失われてしまうことによる)などが挙げられます。また発癌性があるとされています(吸入により肺癌の発生リスクが高くなる)。


 このように毒性の強いカドミウムですが、亜鉛というミネラルには、拮抗しているカドミウムを体外へ排出し毒性を軽減する働きがあります。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用