ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  カルシウムパラドックスとは

カルシウムパラドックスとは

スポンサードリンク


  「カルシウムパラドックス」とは、本当はカルシウムの摂取が不足しているのに、細胞内にカルシウムが多量に沈着し、あたかも過剰であるかのような矛盾した現象のことをいいます。


  体内のカルシウムの99%は骨や歯に含まれ、残りの1%ほどが血液中などの体液に存在しています。カルシウムの摂取不足により血液中のカルシウム濃度が低下すると、その情報が副甲状腺に伝わり副甲状腺ホルモンの分泌が盛んになります。


  このホルモンは骨に働きかけて、骨からカルシウムを溶かし出した後、血液中へカルシウムを移動させ、血中カルシウム濃度を一定に保とうとします。しかし、カルシウムの摂取が不足する状態が長期的に続くと、骨からカルシウムが溶出される現象も継続されてしまいます。そして、骨粗鬆症になると同時に、血中で過剰となり行き場のなくなったカルシウムは、様々な細胞や組織の中に入り込み蓄積してしまうのです。


  血管の細胞内にカルシウムが蓄積すると血管が硬くなり、これが動脈硬化や高血圧を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の原因となります(よろしければ、「カルシウムポンプとカルシウムチャンネル」の項目も参照ください)。また、インスリンを分泌する膵臓の細胞の中にカルシウムが蓄積すると糖尿病になるといわれています。


  さらには、脳中に蓄積したカルシウムは脳細胞の機能障害をもたらすため、認知症の原因のひとつになるとの報告もあります。


  このようなことから、生活習慣病の原因のひとつにカルシウムパラドックスがあると考えられています。 

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用