ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  ミネラルバランスとは

ミネラルバランスとは

スポンサードリンク


  「ミネラルバランス」とは各種ミネラルの適正な摂取量を比率で表したもので、ミネラルバランスの良い状態を維持していくことが、私たちの健康な生活を確保するうえで大切になります。  


  ミネラルの摂取量は多すぎても、また逆に少なすぎても好ましくありません。多すぎれば「過剰症」が、少なすぎれば「欠乏症」が懸念されます。また、ミネラル同士の間には「拮抗作用」を有する組み合わせがあり、一方のミネラル単体での多量摂取が他方のミネラルの吸収や生理作用を阻害してしまうということが知られています。


  したがって、人体に必須なミネラルをバランスよく摂取することが、健康の維持・増進のために必要となります。


  ミネラルバランスの崩れた状態が、即様々な症状を引き起こすとは限りませんが、長期的・慢性的にそのような状態が継続すれば、何らかの兆候が生体に現れてくる可能性が高くなるといえるでしょう。


  以下に、健康の維持・増進に好ましい(各種ミネラルがそれぞれ、体内で有用な作用を発揮する)とされるミネラルバランスの幾つかを記載しておきます。

●カルシウム:リン ⇒ 1:1~1:2

●カルシウム:マグネシウム ⇒ 2:1 ~3:1

●カルシウム:リン:マグネシウム ⇒ 2:2:1

●ナトリウム:カリウム ⇒ 1:1

●亜鉛:銅 ⇒ 8:1 ~ 10:1


  最近では、自分の体内のミネラルバランスの状態や、必須ミネラルの過不足状態、さらに有害な金属の蓄積量等を知ることが検査を通して比較的手軽にできるようになってきました。これは、予防医学に資することを目的に、僅かな量の毛髪をもとに体内のミネラル量を測定する検査方法であり、分析結果をもとに栄養指導等のカウンセリングも同時に行われることが通例です。これらの検査は、「毛髪分析」あるいは「毛髪ミネラル検査」などと呼ばれています。


毛髪には、食品から摂取されたミネラルの種類や吸収の度合いが反映され、あたかもテープレコーダーのように記録されています。髪の毛は11ヶ月に約1センチ伸びるので、10センチの長さの毛髪があれば過去10ヶ月に渡る記録を調べることができます。


  毛髪ミネラル検査を実施している専門機関で直接検査を依頼することもできますが、最近ではキットも販売されています。いずれの場合も、指定の量の毛髪を採取し検査依頼することになります。「必須ミネラル」の過不足と「有害ミネラル」の蓄積の程度が記載された測定結果表が、数週間程で自宅に送付されてくるそうです。  

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用