ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは

スポンサードリンク


ミネラルウォーターとは
  ミネラルウォーターを簡単に定義するとすれば、「ミネラルを比較的多量に含んだ水」ということができるでしょう。国産のブランドのものから海外から輸入されているものまで含めると、かなりの数が店頭に並んでいます。


ミネラルウォーターの成分
  ミネラルウォーターに含まれているミネラル成分は、主としてカルシウムマグネシウムナトリウムカリウムです。そ例外に、やその他の微量ミネラルも含まれていますが表示がされていないことが大半です。

  また、ミネラルウォーターは生体に有用な作用を持つ必須ミネラルを全て含んでいるわけではありません。ミネラルウォーターの銘柄によって、その中に含まれているミネラルの種類やその量にはかなりのバラツキがあります。最近では「有機ゲルマニウム」を含んでいるミネラルウォーターというものまで登場しています。


硬度(軟水と硬水)について
  成分表示欄には大抵、「硬度」という表記がされており、数値が記載されています。この「硬度」とは、その水1リットル中に含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計量を数値化したもので、その水が良質なものであるか否かということとは無関係です。

  「軟水」とは、このカルシウムイオンとマグネシウムイオンが少ない水のことであり、「硬水」はその逆ということになります。

  硬度の計算方法は各国によって異なります。日本ではアメリカ硬度を採用していることが多く、硬度は以下の式で求めることができます。

     硬度≒1リットル当たりのカルシウム量(mg)×2.5
           +1リットル当たりのマグネシウム量(mg)×4.1

  この計算式に当てはめて、算出された値をもとに「軟水」とか「硬水」と呼んでいます。
  具体的には、硬度100以下のものを「軟水」、101から300までのものを「中硬水」、そして硬度301以上のものを「硬水」と呼びます。

  「軟水」は炊飯や料理、お茶などを入れることには適していますが、カルシウムやマグネシウム等一部のミネラルの補給という目的のみを考えれば、適しているとはいえなかもしれません。しかし、人が飲んで「おいしい」と感じるのは圧倒的に軟水の方だといわれています。

  一方、「硬水」は料理等には不向きですが、これらのミネラルはしっかり補給できるという差があります。また、硬水では石鹸や洗剤が泡立ちにくいといった特徴もあり、味としては人によって独特の苦みやえぐみを感じる場合があります。

  そして、「中硬水」に分類されたものは、全ての目的をほどほどに満足するものと捉えることができます。

  日本各地の多くの飲料水は硬度10から100の範囲内に収まっている「軟水」です(水道法の規定では、硬度300以下)。


ペーハー(PH値)値について
  また、ペーハー値によっても水を分類することができます。ペーハー値とは、溶液中の水素イオン濃度を表し、その程度を指数化したものです。その値によってアルカリ性か中性、または酸性というように分類されます。

  PH値7.0を「中性」とし、それより数値が大きいものを「アルカリ性」、小さいものを「酸性」と呼んでいます。

  日本の水道法の規定によれば、一般家庭に給水されている水道水の水のPH値は5.8以上8.6以下の範囲に定められています。自分が利用している水道水のPH値や硬度等の数値は、各地方自治体の水道局ホームページに水質検査結果として掲載されています。

  私たち人間が飲む水としては、酸性やアルカリ性に偏りすぎているものは適しません。これは人間の体液(胃液や尿は除く)のPH値が上記の範囲内に収まっていることからも理解できます(血液のPH値は7.3から7.4の弱アルカリ性に維持されています)。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用