ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  セレニウム(セレン)の働き

セレニウム(セレン)の働き

スポンサードリンク


セレニウム(セレン)について
  セレニウム(セレン)は抗酸化酵素の構成成分となるミネラルです。この酵素の強い抗酸化作用により、癌の予防に効果があるといわれています。

  不足すると免疫力や抵抗力が低下する一方、過剰な摂取により脱毛や爪の変形、嘔吐など中毒症状を起こすので注意が必要です。

  セレニウム(セレン)は、どちらかといえば有害金属として、これまでは知られていましたが、1969年に哺乳動物にとって必須のミネラルであることが証明されました。


英語名
  Selenium


セレニウム(セレン)の効果・効能
◆セレニウム(セレン)の抗酸化作用
  セレニウム(セレン)は体内で過酸化脂質を分解する酵素「グルタチオンペルオキシターゼ」の活性化に関与しています。このグルタチオンペルオキシターゼは活性酸素の働きを抑制し、細胞が酸化されるのを防ぎます。したがって、不足するとこの酵素の活性が減少し、抗酸化作用が低下することになります。

  この抗酸化作用はビタミンEの何百倍もあるといわれています。


◆セレニウム(セレン)による放射線や有害金属の働きを軽減する作用
  セレニウムは、体内にある有害金属、水銀、カドミウムなど結びつき、それらの毒性を軽減(無毒化)する作用や放射線による影響を軽減する作用を持っています。


セレニウム(セレン)の効果・効能
◆セレニウムが多く含まれる食品
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す:参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・かつお(131μg)
  ・いわし(130μg)
  ・ホタテ(74μg)
  ・牡蠣(50μg)
  ・玄米(26μg)

セレニウム(セレン)の摂取量
◆セレニウムの摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :30μg(18~29歳)、35μg(30~49歳)
 成人女性 :25μg
 妊婦(付加量) :+4μg
 授乳婦 (付加量):+20μg

<上限量>
   成人男性:450μg
   成人女性:350μg 

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用