ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  モリブデンの働き

モリブデンの働き

スポンサードリンク


モリブデンについて
  モリブデンは酸化酵素の必須成分で、大豆や野菜、米などの植物性食品に多く含まれています。

  肝臓や腎臓に存在し、人体に有害となる物質を分解する酵素の成分となり、有害物質を体外へ排出する役目を担っています。

  また、糖質や脂質の代謝を支援したり、体内での鉄の利用を高めて貧血の発症を予防するのに効果があります。


英語名
  Molybdenum


モリブデンの効果・効能
◆モリブデンの補酵素としての働き
  モリブデンはアルデヒドオキシターゼ(キサンチンを酸化して、最終老廃物である尿酸に変える)、キサンチンオキシターゼ(アルデヒドを酸化して、カルボン酸に変える)などの酸化酵素の補酵素となり、その働きを支えています。不足すると血液中の尿酸値が高くなるため、痛風の原因になると言われています。


◆モリブデンによる銅排出作用
  モリブデンを過剰に摂取すると銅の排出を促してしまい、銅が体内で欠乏することによる様々な症状が現れてくることになります(モリブデンと銅の拮抗作用)。


モリブデンが多く含まれる食品
◆モリブデンが多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す:参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・きなこ(300μg)
  ・大豆(200μg)
  ・落花生(190μg)
  ・枝豆(140μg)
  ・玄米(120μg)


モリブデンの摂取量
◆モリブデンの摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :25μg
 成人女性 :20μg
 妊婦(付加量) :+0μg
 授乳婦 (付加量):+3μg

<上限量>
   成人男性:300μg(18~29歳)、320μg(30~49歳) 
   成人女性:240μg(18~29歳)、250μg(30~49歳)

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用