ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  コバルトの働き

コバルトの働き

スポンサードリンク


コバルトについて
  コバルトはビタミンB12の構成元素です。コバルトは体内で他のミネラルのように単独でその効果を発揮するのではなく、ビタミンB12の構成元素として存在するミネラルです。

  体内でコバルトからビタミンB12が合成されることはないことから、コバルト単体で摂取しても意味がありません。コバルトはビタミンB12の形で体内に摂取されます。

  コバルトの働きは、「ビタミンB12の働き」として捉える必要がありますので以下の通りとなります。詳細についてはビタミンB12の項を参照ください。


英語名
  Cobalt


コバルトの効果・効能
◆コバルトによる血液の生産を助ける作用
  赤血球のヘモグロビンの生成には、ビタミンとしては「ビタミンB12」と「葉酸」、ミネラルとしては「」と「」が必要になります。
  コバルトの不足は、ヘモグロビンの生成過程そのものに影響を与えることになるため、悪性貧血を起こすことが考えられます。


◆コバルトによる神経細胞の修復作用
  ビタミンB12と同一作用を有しますので、人体内では神経線維の保護を行い、神経機能の働きを正常に保ちます。
  不足すると、神経機能の障害や精神面にも影響が現れてきます。


コバルトが多く含まれる食品
◆コバルトが多く含まれる食品
  食品成分データとして存在していません。
  コバルトが多く含まれる食品としては、ビタミンB12の豊富な食品を参考にしてください。


コバルトの摂取量
◆コバルトの摂取基準
  食事摂取基準として定められていません。
  ビタミンB12の摂取基準に順じて考えれば問題ないと思われます。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用