ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  マンガンの働き

マンガンの働き

スポンサードリンク


マンガンについて】
  マンガンは、骨を作る前段階における軟骨の形成に必要で、カルシウムリンとともに骨形成に関係の深いミネラルです。

  また、糖質・タンパク質・脂質の3大栄養素の代謝において、マグネシウムとともに酵素作用を活性化し、エネルギー生成に寄与しています。

  マンガンは動物性食品には殆ど含まれておらず、植物性食品が主な供給源となります。
通常の食生活を送っているうえでは、それほど不足する心配のないミネラルです。


英語名
  Manganese


マンガンの効果・効能
◆マンガンの骨形成促進作用
  カルシウムやリンとともに骨形成に必要であり、骨の石灰化をその役割としています。また、腱、靭帯を構成するムコ多糖類の合成とも関係しているため、不足すると骨形成異常や発育不全へと繋がる可能性があります。


◆マンガンの栄養素代謝作用
  マンガンは栄養素の代謝に関係する酵素の構成成分になったり、酵素の働きそのものを活性化する作用を持っており、エネルギー生成や成長に欠かすことができないミネラルです。


◆マンガンの生殖機能低下防止作用
  マンガンは性ホルモンの合成に関係しており、不足すると生殖機能・妊娠機能が低下します。


◆マンガンのインスリン生成作用
  マンガンはインスリンの合成と関係しているミネラルで、血糖値を下げる働きをしています。


◆マンガンの細胞膜保護作用
  マンガンは過剰につくれれた活性酸素を分解する酵素SODの構成成分であり、組織や細胞膜が酸化されることを防ぎます。

 ※SOD: Superoxide dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の頭文字を取って、SODやS.O.Dと略して表記される活性酸素除去酵素のことです。この酵素の働きには、マンガン以外に亜鉛ミネラルが必要となります。


マンガンが多く含まれる食品
◆マンガンが多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す:参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・しょうが(5.01mg)
  ・しそ(2.01mg)
  ・あおのり(13.00mg)
  ・きくらげ(6.18mg)
  ・パインアップル(缶詰)(1.58mg)
  ・干し柿(1.50mg)
  ・くるみ(3.44mg)
  ・ごま(2.52mg)
  ・黒こしょう(6.34mg)
  ・日本茶(玉露)(4.60mg)


マンガンの摂取量
◆マンガンの摂取基準
  <目安量>
 成人男性 :4.0mg
 成人女性 :3.5mg
 妊婦(付加量) :+0mg
 授乳婦 (付加量):+0mg

<上限量>
   11mg(成人男女) 

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用