ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  ヨウ素の働き

ヨウ素の働き

スポンサードリンク


ヨウ素について
  体内のヨウ素は、その殆どが甲状腺に存在しています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの形成に使われています。

  ヨウ素は海藻類や海産魚類などに多く含まれているので、これらを口にする機会の多い日本人にとっては、欠乏する心配の少ないミネラルといえます。ただ、過剰になっても不足しても甲状腺に異常をきたす恐れがありますので注意が必要です。


英語名
  Iodine


ヨウ素の効果・効能
◆ヨウ素の基礎代謝促進作用
  ヨウ素は甲状腺ホルモンであるチロキシンの成分として使われています。このホルモンには交感神経を刺激して、糖質・タンパク質・脂質の代謝を促進する作用があります。したがって、欠乏するとホルモンの形成に影響を与えるため、代謝が滞ってしまいます。
  このような作用から、子供の成長促進には、不可欠なミネラルといえます。


◆ヨウ素の新陳代謝促進作用
  ヨウ素は新陳代謝を促進し、皮膚や髪の毛を健康に美しく保ちます。


ヨウ素が多く含まれる食品
◆ヨウ素が多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す:参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・乾燥こんぶ(200~300mg)
  ・乾燥わかめ (7~24mg)


ヨウ素の摂取量
◆ヨウ素の摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :150μg
 成人女性 :150μg
 妊婦(付加量) :+110μg
 授乳婦 (付加量):+190μg

<上限量>
   3000μg(成人男女) 

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用