ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  リンの働き

リンの働き

スポンサードリンク

英語名】
  Phosphorus


リンの効果・効能
◆リンの骨や歯を形成する作用
  リンはカルシウムの次に体内に多く存在するミネラルです。体内のリンの約80%はカルシウムマグネシウムと結合し(リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムという形態で)骨や歯を構成する成分として使用されます。残りは筋肉、脳、神経などに存在しています。

  リンは体内で欠乏することの少ないミネラルのひとつです。それは広く一般の食品に含まれているためで、食品添加物(リン酸塩の形として)として清涼飲料水や加工食品、スナック菓子などの食品にも含まれているためむしろ過剰摂取が問題となっています。
  リンは体内で過剰となった場合、カルシウムの吸収を阻害する方向に働くので(逆に、カルシウムが過剰であるとリンの吸収を阻害する)、カルシウムとリンの摂取割合は等量(1:1)が適正であると言われています。

  過剰摂取によりリンが血液中に増えすぎると、骨に蓄えられているカルシウムが血液中に溶け出しバランスを維持しようとする作用が働きます。したがって、リンの過剰摂取が骨密度の減少を招くひとつの要因になってしまうので、注意が必要です。


◆リンの糖質代謝促進作用
  リンはビタミンB1と結合して補酵素となり、糖質を代謝する際の重要な役割を担っています。また、ビタミンB2とも結合して同様に補酵素となり、脂質の代謝にも関与しています。
  

◆リンのエネルギー産生作用(ATP産生作用
  リンは、高エネルギーリン酸化合物であるATP(アデノシン三リン酸)という高エネルギー物質の構成成分でもあります。

  ATPは全ての細胞内(ミトコンドリア内)に存在しています。細胞内に外から入ってくる栄養素を利用して細胞内ではこのATPが産生されており、ATPを分解する酵素によって分解されたときに大きなエネルギーを生み出します。

  このエネルギーは例えば、筋肉を動かすことなどに始まり、人間の全ての生命活動に使われるもので、命の根源ともいうべきものなのです。私たちの体の細胞の中では絶えずATPの合成と分解が繰り返されています。


◆リンの体液中性保持作用、浸透圧の調整作用
  リンはリン酸塩の形で、血液や体液の酸やアルカリを調整する働きがあります。また、浸透圧を調整する働きにも関与しています。


リンが多く含まれる食品
◆リンが多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す:参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・かたくちいわし(2300mg)
  ・するめ(1100mg)
  ・うるめいわし(910mg)
  ・小麦胚芽(1100mg)
  ・味付け海苔(710mg)
  ・ごま(540mg)
  ・卵黄(570mg)
  ・脱脂粉乳(1000mg)
  ・プロセスチーズ(630mg)


リンの摂取量
◆リンの摂取基準
  <目安量>
 成人男性 :1050mg(18~49歳)
 成人女性 :900mg(18~49歳)
 妊婦(付加量) :+0mg
 授乳婦 (付加量):+0mg

<上限量>
   3500mg(成人男女)

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用