ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  天然ビタミンと合成ビタミン

天然ビタミンと合成ビタミン

スポンサードリンク


健康食品などのビタミン製品や医薬品には、ビタミンが含まれているものが多くあります。

果たして、それは天然のビタミンなのでしょうか、それとも合成されたビタミンなのでしょうか?
天然と合成のものとでは、その効果に違いはあるのでしょうか?天然のものの方が何となく体にいいような気がするけれど・・・・。
などなど疑問が頭に浮かびます。

合成ビタミン」とは、人為的に合成されたビタミンのことをいいます。大量生産が可能でしかもコストが安いといったメリットがあります。
たとえ合成であっても化学的には同一なので、効果や作用としては大差はないという考え方もあります。

また、合成ビタミンは食品添加物としても使用されています。これは体内での生物活性を意図したものではなく、添加された食品自体の安定などを目的にされたものですので、成分表記だけを見て期待することは早計だといえます(例えば、合成ビタミンCは食品の酸化防止剤として含まれていることがあります)。

しかし「天然ビタミン」のほうが合成のもよりも優れているものがあります。
例えば、ビタミンEについてはそのことが言えます。ビタミンEのうち天然のα-トコフェノールは合成のものよりも効果の度合いが高いことがわかっています(化学的に構造が全く同じではないので、体内での作用に差が生じてしまう)。

参考までに、ビタミンEには、合成、天然型、天然の3種類があり、それぞれ体内での生物活性(効力)に違いがあります。天然のビタミンEは、合成や天然型に比べて吸収に優れ、生体内で高い効力を発揮します。製品等のラベルに下記のように成分表記がされていますので、そこから天然かそうでないかは区別できます。

天然 … d-α-トコフェロール
天然型 … 酢酸d-α-トコフェロール
合成 … dl-α-トコフェロール、酢酸dl-α-トコフェロール


 天然d-α-トコフェロールはこちら⇒ ★LIFE STYLE ビタミンE


また天然のビタミンは、その栄養素を含む食品から抽出する過程で、その他の微量栄養素も同時に含むことになり、より高い効果が期待できるといったメリットもあります。天然もののデメリットといえば、製造コストがかかるので一般的に高価であるといったところでしょうか。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは