ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン・ミネラル一般 >  ビタミンとミネラルの関係

ビタミンとミネラルの関係

スポンサードリンク


 ビタミンとミネラル、これら2つの栄養素はお互いに補い合って働くという性質があります。


 たとえばミネラルの視点から見ると、「カルシウム」というミネラルはビタミンDの働きがなければ吸収されませんし、「」というミネラルはビタミンCの働きによって吸収が促進されます。


 一方、ビタミンの視点から見ると、「ビタミンC」というビタミンを活用するためにはが必要となりますし、「ビタミンB群」というビタミンの代謝が円滑に行われるためには鉄が必須となります。


 このように、ビタミンとミネラルは相互にその働きを補いあっています。ビタミンは私達の体になくてはならないものですが、ミネラルの助けを借りなくては、その効果を発揮できないのです。当然ですが、その逆も然りということになります。したがって、どんなに多くのビタミンを摂取しても、ミネラルが体の中に不足していると意味がないということになります。


 食物の主要な栄養素(3大栄養素)である炭水化物、タンパク質、脂質はそのままではエネルギーになりません。これらの栄養素をエネルギーに変換するためには酵素とよばれる物質が必要で、その酵素とこれら3大栄養素との間で潤滑油的な役割を果たすのが、ビタミンとミネラルなのです。

         

ビタミン・ミネラル一般

ビタミンとミネラル。
微量ではありますが、生体内での化学反応を円滑にする潤滑油的な役割を演じています。

関連エントリー

栄養素とは ビタミンとミネラルの関係 ビタミンとミネラルの摂取基準 ビタミンとミネラルの吸収率 抗酸化作用とビタミン・ミネラル