ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  プロビタミンとは

プロビタミンとは

スポンサードリンク


  『プロビタミン』(ビタミンの前駆体という意)とは、それ自身としてはビタミンではありませんが、体内に取り込まれてから、あるいは特殊な条件下でビタミンへと化学的に変化する天然の物質のことをいいます。プロビタミンにはAとDがあります。

  プロビタミンAとして、よく知られているのがカロテノイドです。野菜・果物に含まれているカロテノイドのうち、体内でビタミンAとして最もよく働くのがβ-カロテンです。このβ-カロテンは緑黄色野菜のニンジン、カボチャなどに多く含まれています。

  ビタミンA(レチノール)はうなぎやレーバーといった動物性食品に多く含まれていますが、これらだけで一日の必要量を賄おうとすれば脂肪も同時に多く摂ってしまうことになります。したがって、動物性食品に合わせて、野菜類などの植物性食品に含まれるプロビタミンA(主としてβ-カロテン)も摂取し、バランスよくビタミンAを体内に取り入れることが大切になってきます。

  また、プロビタミンAには過剰症の心配がないので、多く摂取しても特に問題がないといえます。

  プロビタミンDは太陽の紫外線によって皮膚でビタミンDへと変換されます。
  詳細には、プロビタミンDにはプロビタミンD2(エルゴステール)とD3(7-デヒドロコレステロール)があります。きのこ類などの植物性食品に含まれているのがプロビタミンD2、魚類や卵類などの動物性食品に含まれているのがプロビタミンD3です。これらが紫外線の作用により、それぞれビタミンD2とビタミンD3に変わるのです。ビタミンD2とD3を総称してビタミンDと呼んでいます。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは