ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンの命名

ビタミンの命名

スポンサードリンク

 13種類のビタミンがあることは前述したとおりですが、ここでは多くのビタミンにつけられているアルファベットについて説明しておきたいと思います。

 ビタミンA、B、C・・・・といった名は、それらが発見された順番(化学構造がはっきりしたものから順番に)にアルファベットや番号を付けて命名されていきました。正式な名前を付けられるまでの仮称としてビタミン何々と名付けられていったのです。しかし、研究が進捗するにつれて、以前発見したものがビタミンでないことが判明したり、重複していることが明確になってきました。それらを取り消した結果、必ずしもアルファベット順に並ぶことなく現在のような形になったわけです。

 ただし、ビタミンKについては発見された順番ではなく、ドイツ語で「凝固」という意味の単語から頭文字の”K”をとって命名されています。

 また、ビタミンB群の中には、葉酸(ホラシン)やパントテン酸(プロティル)のように化学名で呼ばれているものが混じっていますが、これは既に発見されていたものでその正式名をそのまま用いたからです。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは