ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンの種類

ビタミンの種類

スポンサードリンク


 現在、発見されているビタミンは13種類あります。

【脂溶性ビタミンと水溶性ビタミン】
 ビタミンはその性質から、油脂類に溶けやすい「脂溶性」と水に溶けやすい「水溶性」との2タイプに分けられます。

 脂溶性のビタミンは油と一緒に摂取すると体内に吸収されやすくなり、りよ効果的です。一方、水溶性のビタミンは水に溶け出しやすいので調理の際に手早く扱うことが大切になります(調理によって失われやすい)。

 脂溶性ビタミンは体の中、主として肝臓などの内臓に蓄積され必要に応じて消費されます。反対に水溶性ビタミンは一度に大量に摂取しても使われなかった分は尿などの中に混じって体外へと排出されるため摂りだめができません。したがって、水溶性ビタミンは必要量を食事等から毎日摂取しなければなりません。

 13種類のビタミンの内訳は、「脂溶性ビタミン」4種類と「水溶性ビタミン」9種類となります。

 ●脂溶性ビタミンの4種類とは
   ビタミンA、E、D、K、

 ●水溶性ビタミンの9種類とは
   ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、ビオチン、葉酸、B12、Cとなります。


【ビタミンB群】
 また、水溶性ビタミンのうち、ビタミンCを除く、ビタミンB1からB12までの8種類を「ビタミンB群」と呼んでいます。

 ビタミンB群には共通した働きがあり、体内に取り入れた栄養素の代謝と深く関係しています。私たちが摂取した食物をエネルギーに変換するためには、多くの酵素の働きが不可欠であり、これら酵素の補助的な役目を果たしている(補酵素として機能している)のがビタミンB群なのです。

 したがって、栄養素が体に有効に使われるために、なくてはならないビタミンがビタミンB群なのです。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは