ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンDの働き

ビタミンDの働き

スポンサードリンク


ビタミンDについて
◆化学名
  ビタミンD2:エルゴカルシフェロール
  ビタミンD3:コレカルシフェロール
  D2とD3を総称してビタミンDと呼んでいます。”カルシフェロール”には「カルシウムを
  運ぶもの」という意味があり、カルシウムと関係の深いビタミンです。


◆特性
  脂溶性


◆安定性
  「ビタミンの取り扱い(1)」を参照ください。


ビタミンDの効果・効能
◆ビタミンDのカルシウム・リンの吸収を助ける作用
  ビタミンDには、骨や歯の発育に欠かせないカルシウムやリンの働きを調整するという役目があります。食物から摂取されたり、体内で合成されたビタミンDは小腸から吸収され、一旦肝臓に集められます。その次に腎臓へと送られ、この段階で「活性型のビタミンD」へと変化します。この活性型ビタミンDの形になって初めて、腸管からのカルシウムやリンの吸収を助けるようになり、骨にカルシウムが沈着するようになるのです。ビタミンDが不足していると、カルシウムやリンが十分に足りていても丈夫な骨や歯をつくることができないのです。

  またビタミンDは血中のカルシウム濃度が低いときには、骨からカルシウムを溶出させ血液中のカルシウム濃度を調節したり、尿として排出されないよう腎臓で再吸収させる働きもしています。また、逆にカルシウム濃度が高いときには骨や歯に沈着させるなど、血液中のカルシウム濃度を調節する重要な役割を担っています。

 血液中のカルシウム濃度を調整することの重要な一側面として、血中カルシウム濃度が低下すると筋肉が充分な収縮作用を行えなくなり、筋力の低下や痙攣の症状があらわれてくるというものがあります。


◆体内で合成されるビタミンD
  ビタミンDは食品から摂取する以外にも、体内で合成することができるビタミンです。私たちの皮膚にはビタミンD前駆体であるプロビタミンD3が存在しており、太陽の光つまり紫外線の力によってビタミンD3へと変換され活性化されるのです。これが、健康で丈夫な骨をつくるにはカルシウムの摂取だけではなく、日光浴も必要といわれている理由です。


ビタミンDが多く含まれる食品
◆ビタミンDが多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す :参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・あんこうの肝(110.0μg)
  ・しらす干し(61.0μg)
  ・いわし(丸干)(50.0μg)
  ・にしん(50.0μg)
  ・いくら(44.0μg)
  ・かわはぎ(43.0μg)
  ・紅鮭(33.0μg)
  ・にしん(22.0μg)
  ・いかなご(21.0μg)
  ・さんま(19.0μg)
  ・うなぎの蒲焼(19.0μg)
  ・ひらめ(18.0μg)
  ・数の子(17.0μg)
  ・たちうお(14.0μg)
  ・かれい(13.0μg)
  ・さば(11.0μg)
  ・きくらげ(435.0μg)
  ・干し椎茸(17.0μg)
  ※生の椎茸に比べて干し椎茸の方が、ビタミンDを多く含んでいます。これは、太陽
   の光つまり紫外線によって、椎茸に含まれているエルゴステロールというビタミンD
   前駆体がビタミンD2へ変化するためです。


ビタミンDの摂取量
◆ビタミンDの摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :5μg
 成人女性 :5μg
 妊婦(付加量) :+2.5μg
 授乳婦 (付加量):+2.5μg

<上限量>
   50μg(成人男女)

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。
   ※脂溶性ビタミンのため過剰な摂取には注意する必要があります。過剰な摂取が
    持続すると内臓や血管壁へカルシウムが沈着してしまいます。特に腎臓にカルシ
    ウムが沈着すると腎機能障害を引き起こす恐れがあります。サプリメントによる摂
    取の際は用法・用量を守ることが大切です。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは