ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ミネラル >  ミネラルとは

ミネラルとは

スポンサードリンク

 人間の体は様々な元素から構成されています。そのうち約96%を酸素、炭素、水素および窒素が占めています。残りの4%程の元素、すなわち体を構成する元素のうち、酸素、炭素、水素および窒素以外のものを総称してミネラル(無機質)といいます。ビタミンは有機化合物ですが、ミネラルは一個一個の元素であるという違いがあります。


 ミネラルは人体に欠かせない微量栄養素で、体内でつくることができないため、食物などから摂取する必要があります。


 100種類以上あるミネラルのうち、特に生命の維持活動に必要なものを「必須ミネラル」といいます。


 また、必須ミネラルはその必要量に応じて、下記のように「主要ミネラル」と「微量ミネラル」に分けられます。


◆主要ミネラル◆
 カルシウムリンナトリウムマグネシウムカリウム塩素硫黄

◆微量ミネラル◆
 ヨウ素マンガンコバルト亜鉛モリブデンクロムセレニウム(セレン)


これらミネラルの主な働きには以下のようなものがあります。

生体組織を構成する
 骨や歯などの硬組織、筋肉や臓器などの軟組織をつくる成分となる。

生体機能の調節を行う
 体液の浸透圧、血液や体液の酸・アルカリ平衡、筋収縮や神経の情報伝達などを調節する。

酵素の補助因子となる
 体内で酵素反応がある際には、その反応の促進因子となる。
 

         

ミネラル

ミネラル(mineral)という英語を直訳すると「鉱物」や「無機物」という意味になります。
土や岩石に含まれている成分(元素)が私たちの健康維持に重要な役割を果たすのです。

関連エントリー

カルシウムポンプとカルシウムチャンネル 有害ミネラル ミネラルとは ミネラルの欠乏症と過剰症 ミネラルの単位 カルシウムの働き リンの働き ナトリウムの働き イオンポンプとは マグネシウムの働き カリウムの働き 塩素の働き 硫黄の働き 鉄の働き ヨウ素の働き マンガンの働き 銅の働き コバルトの働き 亜鉛の働き モリブデンの働き クロムの働き セレニウム(セレン)の働き ミネラルウォーターとは ミネラルウォーターの種類 ミネラルウォーター(世界・日本各地の名水) ミネラルウォーター(サーバー) 海洋深層水とミネラル カルシウムパラドックスとは ミネラルバランスとは ミネラルの拮抗作用 カドミウムと亜鉛の拮抗作用 鉛と亜鉛の拮抗作用 水銀とセレニウム(セレン)の拮抗作用 水銀と亜鉛の拮抗作用 カルシウムと亜鉛の拮抗作用 カルシウムとマグネシウムの拮抗作用 リンとカルシウムの拮抗作用 亜鉛と銅の拮抗作用 亜鉛とセレニウム(セレン)の拮抗作用