ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンB12の働き

ビタミンB12の働き

スポンサードリンク


ビタミンB12について
◆化学名
  コバラミン


◆特性
  水溶性


◆安定性
  「ビタミンの取り扱い(1)」を参照ください。


ビタミンB12の効果・効能
◆ビタミンB12の造血を助ける作用
  ビタミンB12は葉酸というビタミンと協働して、血液中の赤血球を形成したり、再生することに関係しています。そのため、不足すると貧血症状( 「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」と呼ばれており、貧血特有の症状のほか、胃腸障害や頭痛、全身の倦怠感、舌の炎症などが現れます )を起こします。貧血といえば真っ先に”鉄分の不足”を考えがちですが、ビタミンB12(葉酸も含む)の存在やその役割を忘れてはなりません。


◆ビタミンB12の神経細胞の修復作用
  ビタミンB12は神経細胞に多く含まれていることから、神経系に作用し、中枢神経や末梢神経系の修復・保護よって機能を正常に保つ役割を果たしています。したがって、欠乏すると腰痛・肩こり・神経痛が引き起こされたり、イライラや集中力の低下、不眠といった神経症状が表れることもあります。


u>◆ビタミンB12のホモシステイン減少作用
  ホモシステインとは、血液中に堆積して動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞などの心臓病や脳卒中を招く危険因子とされる物質の名称です。B12は葉酸と協働して、このホモシステインの血中濃度を減少させる働きがあることから、心臓病や脳卒中の予防効果が期待されています。


◆ビタミンB12の不眠症改善作用
   B12の大量投与(1500~3000μg/日)によって、不眠などの睡眠障害が改善されたという報告が存在しています。


ビタミンB12が多く含まれる食品
◆ビタミンB12が多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す :参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・牛の肝臓(52.8μg)
  ・豚の肝臓(25.2μg)
  ・鶏の肝臓(44.4μg)
  ・あさり(63.8μg) 
  ・しじみ(62.4μg)
  ・いくら(47.3μg)
  ・はまぐり(28.4μg)
  ・たらこ(生)(18.1μg)
  ・秋刀魚(17.7μg)
  ・味付け海苔(58.1μg)
  ・焼き海苔(57.6μg)
  ・あおのり(31.8μg)
  ・鰹節(14.8μg)


ビタミンB12の摂取量
◆ビタミンB12の摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :2.4μg
 成人女性 :2.4μg
 妊婦(付加量) :+0.4μg
  授乳婦 (付加量):+0.4μg

<上限量>
   定められていません。

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。
   ※ビタミンB12は腸内細菌によっても体内で合成されるので、極端な偏食をしない限り
    欠乏することが稀な栄養素です。ただし、ビタミンB12は植物性食品には殆ど含まれ
    ていませんので、徹底した菜食主義者(ベジタリアン)や動物性食品を摂らないダイエ
    ットをしているような人は不足する可能性があります。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは