ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  NAD、NADHとは

NAD、NADHとは

スポンサードリンク


 「NAD」とは、ビタミンB群のひとつであるナイアシン(ニコチン酸)の特殊な形態のことをさします。NADはニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (nicotinamide adenine dinucleotide) の略語で、「ナッド」と呼称します。体内では全ての細胞に存在し、脱水素酵素の補酵素として働いています。NADには酸化型と還元型があり、酸化型がNAD、還元型が「NADH」(ナドエイチと呼称)となります。

 NADH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド )は、活性型ナイアシンとして、細胞内でATP(アデノシン三リン酸)が産生される際に側面からサポートし、身体全体にエネルギーを供給するという働きに深く関与しています。つまり、簡単にいえばNADHの働きによって、エネルギーが効率よく生み出されるかどうかが決まってくるのです。


 このNADHは、海外ではサプリメントとしても販売されています。活力の増加や集中力の強化、眠気の解消への効果が期待されることから、時差ぼけ解消のために使用されることもあります。このNADHサプリメント、ここ暫く入手困難な状態に陥っていましたが、最近パーッケージを新たにして再登場。現在は普通に入手可能となっています。




↑ 詳しい説明とご購入はこちらから


 また、NADHは脳内の神経伝達物質、特にドーパミンの働きを助けることから、老人性認知症やパーキンソン病の治療、そして鬱症状の軽減に有効性を発揮するのではと考えられています。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは