ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンB1の働き

ビタミンB1の働き

スポンサードリンク


ビタミンB1について
◆化学名
  チアミン


◆特性
  水溶性


◆安定性
  「ビタミンの取り扱い(1)」を参照ください。


ビタミンB1の効果・効能
◆ビタミンB1の糖質代謝としての働き
  ビタミンB1は、糖分やデンプンなどの糖質を分解してエネルギーに変換する(糖質代謝)際に、重要な役割を果たしているビタミンです。エネルギーを体内でつくりだすには酵素の働きが必要となりますが、この酵素の働きに対して、ビタミンB1は補助的な役目を担っています(補酵素として機能)。

  したがって、糖分に偏った食べ物を多く摂取すると、その分多くのビタミンB1が要求されます。
  ビタミンB1が不足していると、糖質のエネルギー化が困難になり、疲労物質とされている乳酸などが蓄積されてしまいます。その結果、肩こりや腰痛、体がだるく感じたり、疲れやすくなります。


◆ビタミンB1の神経機能を正常に保つ働き
  脳の中枢神経の働きは、糖質のエネルギーが支えています。このエネルギー供給が充分でないと、精神的に不安定になってイライラしたり、怒りっぽくなってしまいます。そうしたエネルギー源のために、ビタミンB1は不可欠の存在です。 

  また、ビタミンB1は、神経刺激伝達機能に関わるビタミンで、不足すると神経伝達に障害が生じ、神経炎(手足などの痺れや痛み、感覚の麻痺)を発症します。


ビタミンB1が多く含まれる食品
◆ビタミンB1が多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す :参考『五訂増補 日本食品標準成分表』)
  ・豚のヒレ肉(0.98mg)
  ・豚のもも肉(0.90mg)
  ・豚のロース肉(0.69mg)
  ・豚のバラ肉(0.54mg)
  ・ボンレスハム(0.90mg)
  ・うなぎの蒲焼(0.75mg)
  ・たらこ(生)(0.71mg)
  ・玄米(0.41mg) 
  ・大豆(0.83mg)
  ・グリーンピース(0.33mg)
  ・青のり(0.89mg)
  ・黄な粉(0.76mg)
  ・焼き海苔(0.69mg)


ビタミンB1の摂取量
◆ビタミンB1の摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :1.4mg
 成人女性 :1.1mg
 妊婦(付加量) :初期 +0mg
             中期 +0.1mg
            末期 +0.3mg
 授乳婦 (付加量):+0.1mg

<上限量>
   定められていません。

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは