ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミン剤とは

ビタミン剤とは

スポンサードリンク


 ビタミン剤とは、不足するビタミンという栄養素を補給することを目的とした医薬品、医薬部外品、栄養補助食品(サプリメント)を総称したものを指します。

 いずれの場合も、一日のビタミン必要量をビタミン剤のみで賄おうとするのではなく、基本はあくまで栄養バランスのとれた食事から摂取することであり、ビタミン剤は補助的に使用するという考え方が大切です。特にビタミンAなどの脂溶性ビタミンを単独に長期間過剰摂取することは、過剰症発症のリスクを高めます。

 このうち医薬品については病院で処方されるものと薬局で購入できるものがあり、医薬部外品と栄養補助食品については薬局またはスーパー、コンビニなどの店頭で入手できます。

 ビタミン剤には、単独のビタミンの効果(例えば、ビタミンCとかビタミンEなど)を期待してつくられた製剤と、複数のビタミン(例えば、ビタミンB群など)を配合してつくられた複合製剤、そして殆どのビタミンを総合的に含有しているマルチビタミン製剤の大きく分けて3種類があります。

 ビタミン剤に含まれている成分は通常、その成分名と含有量についてラベルや説明書に記載されています。各成分については、体内への吸収率を向上させるためにビタミン誘導体としているケースがあります。例えば、「フルスルチアミン」と表示されている場合、これはビタミンB1(チアミン)の吸収率を高めるために誘導体化したものであると理解することができます。

 何らかの疾患のため通院している方で、病院で処方されている他の薬と併用する場合には、ビタミン剤との飲み合わせの問題も全く皆無ではありません。主治医に相談のうえ利用されることや、また利用する際には用法・用量を守ることも大切な視点です。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは