ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミン注射とは

ビタミン注射とは

スポンサードリンク


 「ビタミン注射」とは、食品やサプリメントからビタミン等の栄養素を摂取するのではなく、注射や点滴といった手段を用いて有効成分を直接体に循環させ、所要の効果を早く得ようとするものです。

 別名「にんにく注射」とも呼ばれ、スポーツ選手や芸能人等体力消耗の激しい人たちを中心に、主として疲労回復を目的に使用されています。

 有効成分として、ビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンB群やビタミンCなどが含まれており、疲労回復以外にも美容面での効果が期待されています。ビタミンB1等、にんにくの主成分と同様な成分が含まれていることが「にんにく注射」と呼ばれている所以です。

 大きな副作用としては、現時点では特に報告されていませんが、注射や点滴中に喉・鼻の奥にニンニクの香りが漂うことがあるということです。

 有効成分は医院やクリニックなどで独自の配合を行っているところもあり、必ずしも上記の栄養素すべてが含まれているわけではなさそうです。

 料金については1回当たり、数百円から数千円と幅広く、施術する機関によって格差があります。保険適用外(自由診療)のところが殆どですが、肝機能障害など疾病による症状が認められる場合、保険適用でビタミン注射ができるところもあるようです。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは