ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンFとは

ビタミンFとは

スポンサードリンク


 ビタミンFとは、現在「必須脂肪酸」と呼ばれているものです。具体的には多価不飽和脂肪酸のリノール酸α-リノレン酸、そしてアラキドン酸の3つをビタミンFとしています。体内で合成されないため、当初はビタミンとされていましたが、必要量が多いため定義上ビタミンの範疇から外され、現在では脂質に分類されています。

 脂肪酸は中性脂肪の構成成分であり、その元素の結合の仕方によって飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。そして不飽和脂肪酸については、単価(一価)不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸はn-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸に分けられます。

 「リノール酸」と「アラキドン酸」はn-6系脂肪酸、「α-リノレン酸」はn-3系脂肪酸に属し、体内で合成できないので必須脂肪酸と呼ばれています。これらの脂肪酸は成長や健康維持に不可欠であり、血圧を下げる、血中コレステロール値を下げる、アレルギー疾患を予防するなど様々な働きをしています。

 これらの脂肪酸を多く含む食品としては、以下のものがあげられます。

 【リノール酸】 紅花油(サフラワー油)、ひまわり油、コーン油、ごま油

 【アラキドン酸】レバー、卵白、サザエ、伊勢エビ、アワビ

 【α-リノレン酸】しそ油、えごま油、亜麻仁油、しそ

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは