ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは

スポンサードリンク


 ビタミンC誘導体(プロビタミンC)とは、ビタミンCを皮膚への浸透性・吸収性を高めるためにリン酸エステル化したもののことをいい、肌の老化防止の効果があるとされています。


 ビタミンC誘導体は、ビタミンCと比べて安定しており、さらに酸化されにくいという性質を持っています。また、注目されている肌への浸透性も数倍高く、皮膚内で私たち人間が持っている酵素(ホスファターゼ)の力によりビタミンCへと変化し、その効果を発揮するといわれています。


 そもそもビタミンCには、メラニンの生成を阻害して色素の沈着を抑制する効果(シミの改善)や、生成したメラニンを還元する(褐色化したメラニンを淡色化する)効果、またコラーゲンを生成する働きがあります。


 しかし、食品等を通じて口から摂取した場合、体の各部でビタミンCが消費されていくため、皮膚・肌の健康のためにその生理作用を発揮する肝心の量としては僅かなものになってしまうという現実がありました。そのため、ビタミンC誘導体を数%含有させた化粧品等のように直接肌から吸収させ、しかも皮膚の真皮層に近いところで長時間ビタミンCの効果を発揮するような様々な商品が開発されたのです。


 ビタミンC誘導体には、上記のような美白効果や肌の老化防止のほか、凹凸になったにきび跡の解消などにも効果が期待されています。


 ビタミンC誘導体は、厚生労働省が美白効果があると認めている成分のひとつであり、種類として以下のように親水性、親油性、そしてその両方の性質を持ち合わせたものがあります。一般的に親水性のものは浸透速度が速く、親油性のものは持続的に緩やかに吸収されていくとされています。

 
【親水性】
  ■リン酸アスコルビルマグネシウム(VC-PMG,APM)
    一般的に親水性のビタミンC誘導体といえば、このタイプを
    指すことが多く、最も歴史のあるものです。

  ■リン酸アスコルビル3ナトリウム(AP-100)


【親油性】
  ■テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)
    新型ビタミンC誘導体と呼ばれています。


【親水性、親油性両方の性質を持ったもの】
  ■パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム(APPS、アプレシエ)
    次世代型ビタミンC誘導体と呼ばれています。従来のビタミンC
    誘導体(リン酸アスコルビルマグネシウム)と比較して浸透力が
    約100倍といわれています。


上記も含め、それ以外にも、様々なビタミンC誘導体があり、皮膚科で治療用として使用されたり、化粧品やサプリメント等の含有成分として用いられています。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは