ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンKとワーファリンの関係

ビタミンKとワーファリンの関係

スポンサードリンク


 心筋梗塞や一過性脳虚血性発作などの疾患に対して処方される薬で、「ワーファリン」(ワルファリンとも呼ばれています)という内服薬があります。その薬の効果(血液を固まりにくくし、血栓ができるのを抑える)はビタミンKの働きを阻害することで得ています。このことから、納豆クロレラ青汁などビタミンKを多く含む食品とワーファリンの併用に関しては注意が必要となります。

 特に納豆はビタミンKを多く含んでいるうえ、腸の中で納豆菌がビタミンKの産生を促進するよう働くので、ワーファリンを服用している方が納豆を摂取することは禁忌とされています(仮に納豆の摂取を止めても、納豆菌による腸内でのビタミンK産生は3~4日は継続されるといわれています)。

 ビタミンKを含む食品は数多くありますが(代表的な食品については「ビタミンKの働き」を参照ください)、ワーファリンを服用されている方がその全ての摂取を控えることは現実問題困難なことでもあり、また栄養学的にも好ましいことではありません。

 納豆、クロレラ、青汁以外の食品で控えるべきものや、摂取しても問題のない食品とその摂取量については、ワーファリンを処方している医療機関等、専門職に相談されることをお勧めします(緑葉野菜については、過剰な摂取をしなければ特に問題がないとされています)。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは