ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンAの働き

ビタミンAの働き

スポンサードリンク


ビタミンAについて
◆化学名
  レチノール、レチナール、レチノイン酸


◆特性
 脂溶性


◆安定性
 「ビタミンの取り扱い(1)」を参照ください。


ビタミンAの効果・効能
◆ビタミンAの視力作用
  ビタミンAは油に溶けるビタミン(脂溶性)のひとつで、視覚・視力の関係の深いビタミンです。
  光の明暗を感じる網膜の能力は、ビタミンAの働きと関係しており、不足すると網膜で光を感じ
  る力が弱まり薄暗いところでの視力が極端に落ちていきます。
  また、眼の角膜が角質化するのを防ぐ作用もあるため、眼の疲労(眼精疲労)やドライアイの
  予防にも働きます。


◆ビタミンAの皮膚・粘膜保護作用
  また、皮膚や粘膜といった上皮組織を正常に保つ働きがあり、皮膚、鼻・喉や胃腸の粘膜が正
  常に発育し機能するためには欠かせないビタミンです。不足すると皮膚が荒れたり、粘膜が硬
  くなったり、傷つきやすくなります。その結果、ウィルスや細菌が粘膜を通して体内に侵入しや
  すくなり風邪などで体調を崩す要因のひとつになったりもします。
  また、髪の毛や爪を健康な状態に保つ働きも有しており、不足すると髪に艶がなくなったり、爪
  が脆くなったりします。


◆ビタミンAの抗ガン作用
  ビタミンAは、ガンの予防効果があるとして期待されています。
  ビタミンAの粘膜を正常に保つ働き(上皮組織の免疫力を高める)が、ガンに対して有効なので
  はないかといわれています。
  また、ビタミンAの前駆体であり緑黄色野菜などに多く含まれている「β-カロテン」は、抗酸化
  力が強く(活性酸素を除去する作用)、ガンや生活習慣病の対策へ有効であるとされています。

ビタミンAが多く含まれる食品
◆ビタミンAが多く含まれる食べ物
 (( )内の数値は、100g中の栄養素量を表す :参考「五訂増補食品成分表」)
  ・鶏の肝臓(14000μgRE)
  ・豚の肝臓(13000μgRE)
  ・牛の肝臓(1100μgRE)
  ・うなぎのキモ(4400μgRE)
  ・うなぎの蒲焼(1500μgRE)
  ・あんこうのキモ(8300μgRE)
  ・ほたるいか(生)(1500μgRE)
  ・鶏卵(140μgRE)
  ・プロセスチーズ(260μgRE)
  ・普通牛乳(38μgRE)
  ・とうがらし(2900μgRE)
  ・しそ(1800μgRE)
  ・モロヘイヤ(1700μgRE)
  ・にんじん(1500μgRE)
  ・パセリ(1200μgRE)
  ・ほうれん草(900μgRE)
  ・味付けのり(5400μgRE)
  ・抹茶(4800μgRE)
  ・干し柿(240)
  ・プルーン(乾)(210μgRE)
  ・みかん(170μgRE)

  (注)
   ※μgRE: レチノール当量

ビタミンAの摂取量
◆ビタミンAの摂取基準
  <推奨量>
 成人男性 :750μgRE
 成人女性 :600μgRE
 妊婦(付加量) :+70μgRE
 授乳婦 (付加量):+420μgRE

<上限量>
   3,000μgRE(成人男女)

<その他、注意事項>
   妊婦または妊娠を希望する女性の方のビタミンA摂取については、
   「妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について」を参照ください。

  (注)
   ※上記の値は、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」より抜粋しました。
   ※上記の「成人」の定義は、18~49歳 の人々とします。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは