ビタミン・ミネラルの泉 Top >  ビタミン >  ビタミンとは

ビタミンとは

スポンサードリンク


ビタミンは、体のはたらきを正常に維持にするのに重要な微量栄養素のことです。
一部のビタミンは体内で合成されますが、その大半は私達の体内で生産・合成することはできません。したがって、ほとんどのビタミンは食事等から摂取しなくてはならないのです。

栄養素のうち、3大栄養素と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質は、体内でエネルギーに変換されたり、また体の構成成分になったりという利用のされ方をします。一方、ビタミンはといえば、ミネラルという栄養素とともに、上記のような体の中で起きている代謝作用を助ける(円滑にする)役目を担っています。したがって、ビタミンが不足すると、その役目を果たすことが困難になるため、成長や発育が止まったり、種々の健康上の障害が出たりします(ビタミン欠乏症)。

ビタミンには脂溶性(油脂類に溶けやすい)ビタミンと水溶性(水に溶けやすい)ビタミンの2種類がありますが、脂溶性のビタミンは体に蓄積しやすいので、摂りすぎると過剰症が心配されます。一方、水溶性ビタミンは摂りすぎても尿中に排泄されるので、過剰症の危険性は脂溶性に比較すると少ないと考えられています。

         

ビタミン

「ビタミン」という物質を言葉で定義すると次の様になります。
『微量で体内の代謝に重要な働きをしているにもかかわらず自分でつくることができない有機化合物』(日本ビタミン学会と社団法人ビタミン協会HPより)

関連エントリー

ホモシステインと葉酸・ビタミンB6・B12 メガビタミン療法・理論 ビタミンB群 ビタミンとは ビタミンの過剰症 ビタミンの欠乏症 ビタミンの単位 ビタミン発見の歴史 ビタミンの種類 ビタミンの命名 ビタミンの取り扱い(1) ビタミンの取り扱い(2) ビタミンAの働き ビタミンAとβ-カロテン 妊娠中(妊婦)のビタミンA摂取について ビタミンDの働き ビタミンEの働き ビタミンKの働き ビタミンKとワーファリンの関係 ビタミンB1の働き ビタミンB2の働き ナイアシン(ニコチン酸)の働き ニコチン酸トコフェロールとは NAD、NADHとは パントテン酸の働き パントテン酸カルシウムとは ビタミンB6の働き ビオチンの働き ビオチン療法とは 葉酸の働き ビタミンB12の働き ビタミンCの働き(1) ビタミンCの働き(2) ビタミンC誘導体とは エスターC ビタミンFとは ビタミン剤とは 天然ビタミンと合成ビタミン プロビタミンとは アンチビタミンとは ビタミン注射とは PQQ(ピロロキノリンキノン)とは